FC2ブログ

40歳からのブログ

海の近くに住みたいウインドサーファー

2ヶ月前まではグアムに行く予定でしたが、予約していたUA178便(KIX-GUM)が運休になったため、行き先をプーケットに変更しました。バンコク経由なのですが、バンコクまでの便を昼便ではなく夕方便にしたため、トランジット時間が1時間15分しかありません。定刻通り運行すれば良いのですが、昨日も遅延しているので、プーケット行き最終便に乗れなくなります・・・・・
(赤枠は昨日便の到着時間。プーケット行きは22時40分発なので、たぶん乗り継ぎ出来ていないでしょう)
tg_20180327.jpg







TG673のチェックインカウンターの受付時間は、14:35分。出発時間のちょうど3時間前。
kix_20180327.jpg









スーツケースには、hot transfer というタグが付けられました。
(トランジット時間が短いため機体の荷物室の出口付近に保管するみたい)
baggage_20180327.jpg









また、プーケット行きのボーディング時刻にはおくれないようにとのこと。その時間、22:10分・・・・

搭乗口に現れたA380・・・・・
a380_20180327.jpg










デカいです。間近で見ると、この図体で空を飛ぶとは想像できません・・・・
a380big_20180327.jpg









定刻の1735分にドアが閉まりましたが、飛び立ったのは18:00・・・・

モニターの到着時刻は、予定より20分遅く21:45の予定に・・・・・

スワンナプーム空港からプーケット空港行きのTG225の搭乗時刻は22:10分です。

計算上、25分しかありません。あまり落ち着かない状況での機内食でしたが美味しかった。

タイカレー
carry_20180327.jpg









サーモン
chiken_20180327.jpg










食後、CAさんが一段落したときに、この後のトランジット時間の短さをCAに確認すると、到着前に前列が空いているので、移動してくださいとのこと。また、着陸後、地上係員に連絡するとのことでした。結局、地上係員は意味がなかったのですが、以下の時間でトランジット出来ました。

・滑走路に着陸したのは、21:37分

・A380の ドアが開いたのが、21:50分

・小走りで国内線乗り継ぎ審査場に着いたのは、21:55分

 胸にシールを貼られました。

 プーケット空港で、国際線側で荷物を受取る目印のようです。

 人間は間に合いましたがスーツケースケースがTG255に積み込まれたのか心配です。

・入国審査と手荷物検査を終えて、TG255のゲートに着いたのは、22:05分でした。

トランジット時間15分
・・・・・
tg255_20180327.jpg










入国審査で誰も並んでいなかったのが良かった。TG255へはバスで移動。22:17発の最終のバスでした。
tohtk_20180327.jpg









慌ただしいスワンナプーム空港を後にして、定刻に出発・・・

TG255でも機内食が出ました。サラダと飲み物。アルコールは無し。
sarad_20180327.jpg










定刻よりも早く22:50に到着しました・・・・

心配だったスーツケースもすべて・・・・
get_20180327.jpg












手配してあったワゴンも問題なくホテルまで無事到着出来ました・・・・

非常にドキドキした移動日になりました。

トラックバックURL↓
http://2002voyager.blog74.fc2.com/tb.php/4320-da749b9c