FC2ブログ

40歳からのブログ

海の近くに住みたいウインドサーファー

今日は、ランニングシューズのデビュー・・・・・・・・・・・・・ジョギング
asics_20090214.jpg




走った感想は・・・・・・・・・・・

・とにかく軽い。
・地面に食いつく。
・蹴る時に、反発がある。

やはり、専用ののシューズだけあって、すごいの一言。

でも、気になるのが底の消耗だけかな?
bottom_0090214.jpg





今週も、息子と自転車で併走していると・・・・・・・・・・・・・・・・・・・いそげ

隣で走っていた息子の方から・・・・・・  ドン

顔から落ちていく息子が見えた。 どうすることも出来ず、その直後、奇声が・・・・・・

顎の下が2センチ程切れ、血がポトポト(止まるような気配なし)・・・・・
( これは、病院内でハンカチを撮影。けっこうな量 )
blood_20090214.jpg







かなり家から離れているので、どうすることも出来ず、119番へ・・・・・・・・・・・救急車

自分 と息子 と自転車 マウンテンバイク が搬送されました。

まさか、電柱にぶつかるとは? 俺自身も彼自身も油断していた。

自分も息子の姿を良く見ていなかったんだが、下を向いて運転していたんだろう。

息子の傷口を見ると、 「守れなかった親として、情けないの一言」  反省です。

ただ、救いだったのは、救急車の中での会話。
(救急車が来るまで、ショックと痛みで、泣き叫んでいたけど、到着時には息子も落ち着いていた)

実は、息子の夢は、「消防隊員」になることである。 

この救急車には、消防隊員さんも同乗していて、その消防隊員さんが息子に、優しい口調で、いろいろ励ますように、たくさん話してくれた。自分も息子に「将来、何になりたいんだった?」と聞くと、息子は「消防隊員」と、小さな声だったが、答えてくれた。

消防隊員さんも嬉しそうな顔をしてくれた。 この時の息子の顔、俺もホッとする瞬間であった。
(親切な消防隊員さん、本当に有難う。 笑顔って、言葉より伝わるね )

その後、かなり出ていた血が、病院に到着した頃には止まっていた。でも、傷口の状態はけっこうひどい。綺麗に切れていたら縫うはずだったが、今回もテープで処置する方法を先生は取った。
(2年前のエスカレータ転倒事件もテープ処理)
son_20090214.jpg





たくさんの人に、助けられ、有難かった。 本当に感謝です。 

でも、何で電柱に正面衝突するんだ? 旅行前には何かが起こる。