FC2ブログ

40歳からのブログ

海の近くに住みたいウインドサーファー

今日も5時前に起床だ・・・・・隣では子供と嫁はGoo・・・・・・・

今日は埼玉の東武鉄道の草加駅に10時待ち合わせだ。
9時過ぎには東京駅に到着する新幹線で移動するが、乗り換えを最短で行わないと危うい。東京駅では乗客がすべて降りるのでホ-ムは一杯だ。在来線ホームへ行くまで時間がかかってしまうので到着するまえに階段近くに到着する車両まで車両内を移動する。
本来、前泊移動すれば済むことなんだけど、ここまでやれば当日移動も可能となる。 これって典型的な時間に追われているサラリーマンなのかな?
 
無事に10時には草加駅に到着し客先へ訪問。午前中の仕事と午後からもう一件へ行き午後3時には仕事が終了した。明日は静岡で仕事なので移動するだけ。このまま新幹線に乗って静岡駅前のホテルに着いても暇を持て余すだけだ。

そういえば・・・・・昨年事故で行けなかった「靖国神社」に行く時間がある。

携帯で「最寄り駅」を検索すると今いる東部伊勢崎線の「草加駅」から東京メトロ(地下鉄)に乗れば、乗り換えなしでそのまま最寄駅「九段下」まで行くことが出来るとわかった。

ということで見学決定・・・・・

草加駅から中央林間行きの電車で「九段下」まで移動しました。

地上に出ると通りをはさんで「昭和館」という建物が見えた。なんだろう? 昭和の時代をテーマにした博物館なんだろか?
showakan.jpg


その向こうには「日本武道館」が見える。こんなところに武道館があったんだと思いながら歩くとすぐに「靖国神社」が見えてきた。そこには大きな鳥居があり、まっすぐ参道が続いていた。この参道はニュースなどでは見たことが無い。ここが本来の入り口なのかな?
yasukuni_gate.jpg


ほとんど人が歩いていない参道をそのまま歩くと何度もテレビで見たあの靖国が見えてきた。
yasukuni_mon_open.jpg

今回の目的は遊就館見学だ。
yushukan.jpg

開館時間が17時までで入館は30分前までであることを覚えていた。(昨年行こうと思った時に調べていた)
遊就館には16:20分に到着。入館料は800円。受付女性が一言「普通に見学して1時間30分はかかります。17時には閉館しますのでご了承ください」とのことである。当然入館。そんなに簡単に来れないよ・・・・

エスカレータで2階まで上がり展示場へ移動した・・・・・・

皆黙って展示物を見ている。静か過ぎだ。 シーーーーン  お喋りする人は皆無だ。
出張バッグ(ローラー付)を引きずる音がうるさいので手に持つほど。本当に無音である・・・・


最初の展示部屋には武将の鎧など1800年代のものから展示がしてある。
戦没者を奉ってあるので自分は第一次世界大戦ぐらいからの展示が中心だと勝手に思い込んでいた。この時代は自分は弱い。
1800年代は早めに切り上げ1900年代の展示部屋に移動した。昨年旅順など行ったときに勉強した日露戦争時代の資料もある。盧溝橋事件、南京事件、その他いろいろな戦争に関する資料が展示されていた。(館内は写真撮影禁止なので撮っていません)
真珠湾攻撃から終戦まで、軍人の服、当時の新聞記事、刀、銃、などいろいろ詳しい説明付きで展示されている。

その中に軍人の遺言が展示されていた。ある若い軍人は「母親向けの手紙」、他には「小さな子供を持つ妻への手紙」であった。
自分も妻と子供がいる。興味深い。彼らの書いたこの手紙・・・・・・・・・・・・・・自分には書けません。
「 国 > 家族 」の式が自分には成り立たない。「心から国のために戦う」「心は家族が一番であるが、戦わなければいけない」
彼らの心はどちらであるか自分にはわからないが、このような時代に後戻りしてはいけないとつくづく感じた。

時間がなくなり「遊就館」を出た。もうちょっとゆっくり見たかったんだけどな。

展示内容はさておき、予想外だったのが見学者の半分は20歳前後の大学生だったことだ。ノートにメモを取ったり真剣に勉強していた。アジアの留学生風のグループも来ていた。
他には80歳以上の老人、○翼風の人、自分と同じサラリーマン、いろいろだった。

お参りをする・・・・・警備の人の声が?
yasukuni_honden.jpg


5時を過ぎてしまい正門が閉められてしまった。警察官から案内されこちらから出るようにと・・・・

やっぱり普通の神社と違い警備が厳しいようだ・・・・・


閉めたれた門(中から撮影)
yasukuni_inside.jpg

閉められた門(外から撮影)
yasukuni_gate_close.jpg


今度来ると時はゆっくり見られるよう時間に余裕を持って来よう。たぶん数年後ではあると思うが、そのときには「時代」と「自分の心」も変化していて今とは異なる見方も出来るだろうと思う。

もうちょっと学生時代歴史を勉強しておけば良かった。